ノンシリコンシャンプーはなぜ髪に良いのか?

シリコンが髪に与える影響からノンシリコンシャンプーの良さを考える

ここ数年人気もうなぎ昇りのノンシリコンシャンプー。店頭でも昔からおなじみのシャンプーたちに混ざってノンシリコンシャンプーがずらっと肩を並べていることもありますよね。テレビCMでも良く見るようになったノンシリコンシャンプーですが、とにかく「髪に良い」「髪がきれいになる」とばかり言われています。髪に良いのはなんとなくわかるものの、何がどうして良いのかまではよくわからない人の方が多いと思います。

ノンシリコンシャンプーが良いと言われる一方で、シリコンの入ったシャンプーは良くないという声をよく聞きますが、シリコンは何故悪いと言われているのでしょうか。シリコンが髪に与える影響を考えれば、ノンシリコンシャンプーが髪に良いと言われる理由がなんとなくわかるかと思います。

まずシリコンが悪いと言われる理由は複数あり、主な理由としては「毛穴に詰まりやすい」「髪に膜を張ってしまう」「シリコンが髪に付着しているとカラーやパーマが入りにくい」といったものです。つまりシリコンは髪を健康に育てられない可能性があるということ。毛穴を詰まらせてしまえば当然きれいな毛は生えてきませんし臭いや薄毛などの原因にもなります。シリコン入りのシャンプーは髪がツルツルになるかもしれませんが、それは表面だけ。実際にはシリコンで髪を覆っているだけのため、髪質の改善にはなりません。また、頻繁にカラーリングやパーマをする人にとっては、シリコンのせいでカラーリングやパーマを無駄にしている可能性もあります。

これらの理由から、髪や頭皮に悪いと言われるシリコンを入れないようにしたシャンプーがノンシリコンシャンプーなのです。

毛穴を詰まらせるシリコンが入っていないから、安心して頭皮を洗える

シリコンも髪の指通りをよくしたり髪同士の摩擦を防ぐという点では絶対に悪いというわけでもありませんが、髪を余計な油分でコーティングしてしまうというのはシャンプーで洗っているのに汚れをつけているような感じもしますよね。また、シリコンが頭皮に詰まってしまうと考えるとシリコンシャンプーで頭皮を洗うのは、頭皮に蓋をしているようなものになります。ノンシリコンシャンプーならその心配がないので、スッキリと髪や頭皮を洗えるということになります。

シャンプーで髪や頭皮のトラブルを抱えている人の多くが、すすぎ残しなどで頭汚れが残っている人です。ノンシリコンシャンプーなら、洗うたびに頭皮も髪もまっさらな状態にできるからこそ、汚れ残りによる髪や頭皮のトラブルがありません。きれいに汚れが落ちた髪にはハリやコシが生まれ、根元からふんわり。汚れをしっかり落とせて髪は健康的になる。ノンシリコンシャンプーが髪に良いと言われるのも頷けますね。

カラーチェンジで傷んだ髪をケアする方法

シャンプー後は絶対にトリートメント!カラーリング用もおすすめです

度重なるカラーリングで髪がボロボロ!一度傷んでしまった髪はそう簡単には元に戻りません。食生活を変えてみたり、枝毛はこまめに切ってみたり、様々なダメージケア方法があると思いますが、一番簡単なのはトリートメントで髪の内側に栄養を補給してあげることではないでしょうか。特にシャンプー後にコンディショナーやリンスだけを使っていたという人は、カラーリングで髪が傷んでしまったら必ずトリートメントを使うようにしてください。コンディショナーやリンスは髪の手触りはよくなりますが、あくまでも髪をコーティングしているためにそう感じるだけでり、中身は傷んだ状態であることには変わりがありません。

トリートメントであれば、髪の内部に浸透して傷んでしまった部分を補修してくれる成分が含まれているものが多いです。最初から髪をコーティングしてしまうより、まずはトリートメントでしっかりとスカスカになってしまった髪を補修することを考えましょう。どうしてもコンディショナーやリンスを使いたい!という場合はトリートメントの後に使うようにしてください。トリートメントの成分が外に流れ出ないようにコーティングすれば、髪がこれ以上傷んでしまうことも防げて一石二鳥です。

ドライヤーの前やスタイリングの前にも洗い流さないトリートメントを使い、24時間髪に栄養を与え続けるようにしましょう。最近ではカラーリングで傷んだ髪専用のトリートメントも売っています。髪質や仕上がりに合わせて使ってみるのも良いと思います。また、トリートメントも選び方次第ではコンディショナーやリンスと変わらない場合があります。髪をコーティングするのではなく、髪の内部に栄養を与えるものを選びましょう。ノンシリコンのものや、髪に良いと言われるアルガンオイルや椿オイルなどが配合されているものがおすすめです。

オーガニックシャンプーは傷んだ髪には合わない時もある

髪や頭皮に良いと言われるオーガニックシャンプー。傷んだ髪にも当然優しいと思ってしまいがちですが、まれに刺激になってしまうことがあります。特に頭皮には優しくても髪のダメージを進行させてしまう可能性もあるので注意しましょう。

理由としては、オーガニックシャンプーは洗浄力が優しいものだからということです。カラーリングは髪の内部にカラー剤を入れるものですが、カラーリングの薬液はカラー剤だけではありません。髪にとっては当然悪い薬もたくさん入っています。それなのに洗浄力の優しいシャンプーで洗ってしまうと、カラーリングの薬液が髪に残ったままとなり、乾燥を引き起こしてしまうこともあるのです。

傷んでしまった頭皮にはオーガニックシャンプーは最適ですが、髪もダメージがひどい時はダメージケア専用のシャンプーやトリートメントを使うようにした方がケアの効果が出てくるのも早いはずです。

毛じらみの原因

アソコが猛烈にかゆい!毛じらみの原因とは

シラミという寄生虫をご存知でしょうか。子供の頃、保育園や幼稚園などで集団感染のおそれがあるとして注意するように言われたことがある人もいるかもしれません。シラミは吸血性の昆虫で、ノミのように小さくて白茶色っぽい体をしています。そんなシラミはアンダーヘアや頭髪、衣服などに寄生しますが、アンダーヘアに寄生してしまった場合は「毛じらみ」となります。子供の頃によく注意されたのは頭髪に寄生する頭じらみです。

毛じらみに感染すると1ヶ月ほどで症状が出てきますが、とにかくかゆい!我慢できないぐらい猛烈なかゆさが襲ってきます。しかも、治療には剃毛しなければならないので一度なってしまうとかゆい上に恥ずかしい思いをしてしまったなんて人もいるのです。
そんな毛じらみになる原因はいくつかありますが、主な感染経路はアンダーヘア同士の接触によるものです。特に性行為によって感染してしまう人が多く、性病の一つとしても毛じらみは扱われているのです。

性行為だけでなく親子間でも感染する可能性はあります。親から子へ、子から親へ、一方に寄生しているシラミが何らかの形でアンダーヘアについてしまい、そこに寄生すれば毛じらみになる可能性はあるのです。当然ですが毛じらみの人が着用していた下着などを洗わずに着けてしまえば感染してしまいます。なるべく不衛生な行為や不衛生な場所で裸になるようなことはやめておいたほうが良さそうです。

毛じらみはアンダーヘアだけじゃない!

アソコが猛烈にかゆくなってしまう毛じらみですが、アンダーヘア以外の毛にも寄生してしまうことがあります。例えばヒゲや眉毛などです。特にオーラルセックスでアンダーヘアからヒゲへ毛じらみが感染してしまった人が実際に存在しています。もちろん、ヒゲからアンダーヘアへの感染だって同じように考えられますので、おかしいな?と思ったらなるべくそのような行為は避けたほうが無難です。

また、毛じらみは肉眼でも確認できます。自分の毛に寄生した虫を見るという行為が気持ち悪いと感じる人もいるかと思いますが、毛じらみに感染してしまったら治療は早めに行わないとかゆみがどんどん増すどころか、陰部をかきむしりすぎて出血、炎症を起こしてしまいかねません。また、毛じらみに感染している人は梅毒やHIVなど他の性病にも感染してしまう確率が高いと言われています。なんだか最近アソコがすごくかゆい。白っぽいものが毛の根元にある、という場合は今すぐに病院の受診をおすすめします。なお、毛じらみの治療は皮膚科や性病科、婦人科、泌尿器科などで受けられます。